変額個人年金保険

変額個人年金保険とは、契約者が払い込んだ保険料のうち年金の支払原資となる部分を株式や債券などで運用して、運用実績により受け取る年金額や解約返戻金が増減する個人年金保険となります。 変額個人年金保険では、保険料のうち年金の支払原資となる部分は特別勘定と呼ばれる運用専用の勘定に分類され、この中で株式や債券といった有価証券や短期金融商品で運用されます。特別勘定には、日本の株式、債券、海外の株式や債券など、いろいろな運用先が用意されていて、契約者は自分の年金原資をどんな投資対象で運用するかを判断します。一般にこの特別勘定には投資信託が活用されていることが多く、変額個人年金保険専用に用意された投資信託もあれば、公募の投資信託を利用していることもあります。 特別勘定の資金は、株式や債権などで運用されるので、運用成績次第では年金額が支払った金額よりも大幅に上回ることもあれば、払い込んだ金額を下回ることもあります。そのため一部の商品では、年金額について最低保証を決めているものもあります。 解約返戻金については最低保証がなく、解約時に運用実績を反映した金額が戻ってきます。 年金の支払が開始される前に死亡した場合には、死亡給付金が支払われます。


川崎でマンスリーマンションをお探しなら

seo対策

RMT 最安値

新居浜の賃貸 きりん住宅



Copyright © anouslesamies.com 2011